TOP > エッチング2

 主な取り扱い製品

     各種リードフレーム   ワッシャー   スリット板・エンコーダー
     加工治具   メタルマスク   その他精密金属部品

     ハーフエッチング

      ハーフエッチングとは板厚の途中までエッチングして
      任意の形や文字を凹凸に加工する方法です。
      主に銘板(ネームプレート・表札)等に活用されます。

    ハーフエッチング   ハーフエッチング 数字


    ハーフエッチング ネームプレート


 エッチングの特徴

     プレス加工等と異なり高価な金型を製作する時間も費用も必要ありません。

     多種多様な金属に対応が可能です。

     金属に力が加わらないので、ひずみ、バリ等のない小型で超精密部品が作製出来ます。

     ご注文は1個から。技術の進歩に欠かせない「ちょっと試しに!」に活用できます。


 エッチングの断面形状

      厚み方向にエッチングされると同時に液のかえり等で横方向にもエッチングされます。

      貫通したとき下図の様な断面形状になります。

 
エッチング断面図   


      Aの幅は板厚×40%の大きさになります。
      (板厚が0.3tの場合Aの幅は 0.3×40%=0.12になります)
      Bの幅は板厚×20%の大きさになります

      この横にエッチングされる事をサイドエッジといいます。
      この部分を前もってパターンフィルムで調整して所定の寸法を保つようにしています。
      これをフィルム補正と呼んでいます。
      この断面形状から見た直線性は、レジストの密着強度、現像、エッチング条件によって変化します。

    上に戻る